面白いコンテンツ

SEOが成功するかどうかは、コンテンツ次第です。ここでいうコンテンツとは、htmlのタグの中に書き込まれている文字です。すなわち、文章と見出しです。

文章が面白ければ、検索順位は上がります。コンテンツが大勢の人にとって役に立つ内容であれば、検索順位は上がります。もっと言えば、コンテンツがユニークであればあるほど、検索順位が上がりやすいです。

逆にいえば、コンテンツがつまらなければ、SEOは失敗します。

以上の話は、SEOを語るうえで、すべての大前提になります。

Googleの人工知能(AI)

日本において検索順位を決めているのは、Googleです。検索エンジンの9割くらいのシェアは握っているでしょう。

グーグルのロボットの人工知能(AI)は、コンテンツが面白いか、つまらないかが分かります。独自の解析プログラムを備えており、「こういう文章はつまらない」「こういう文章は面白い」という判断ができるのです。

この判断力は日々磨きがかけられています。Googleのロボットは、人間が書いた文章を読んで、それがどれだけ面白いか、どれだけ役に立つか、採点してくれるのです。

とても優秀なロボットです。世界一優秀かも知れません。世界で一番仕事しているロボットであることは間違いないでしょう。

面白い文章だけでいいのか?

アメブロのようなメジャーなブログや、twitterなどの一般公開されているSNSに面白い投稿していけば、SEOは成功するでしょう。一般のホームページの場合は、面白いことを書き続けるだけではだめで、ある程度、SNSなどを通じてサイトの存在を周知させる必要があります。

面白さを狙いすぎて炎上しないこと

面白いことを書くと検索順位が上がり、アクセス数も増えます。しかし、面白さを狙いすぎて、過激な内容や不適切な表現に走ると、炎上を招きかねません。そこは注意が必要です。

書き続けなければいけないのか

面白い文章を書くのは、簡単ではりません。知恵や労力がかかります。たいへんな作業です。

そうすると、「SEOを成功させるには、一生おもしろいことを書き続けなければいけないのか」という疑問が生まれます。

それに対する答えとしては、「永遠に書き続けることが嫌ならば、時間がたっても面白さが薄れない内容の文章を書けばいい」ということになります。

日持ちするコンテンツとは

コンテンツには、日持ちするものと、日持ちしないものがあります。コンテンツにも賞味期限があります。その賞味期限が長ければ長いほど、Googleからもらう得点は時間がたっても下落しません。

つまり、コンテンツの長期耐久性が問われるのです。

ニュースネタはすたれやすい

廃れやすいコンテンツの典型は、ニュースネタです。ニュースネタというものは、ニュースとして流れるときは新鮮で、情報としての価値があります。

しかし、時間がたつと、周知の事実になるため、読んでも面白くありません。このため、あっという間に価値が低くなります。

ニュースネタでGoogleから得点をもらおうとするなら、新しいニュースを毎日のように書き続けなければならない、ということです。

逆SEOの問い合わせ